結婚式で失敗しないマツエク ~デザインの種類と相場~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
f14077ff5d4b9dfb3225a2aeb20a2163_s

前回の記事でマツエクのメリットや何日前にやるといいのかなどをご紹介しましたが、具体的なデザインやマツエクの相場については解説できなかったので、この記事で詳しく解説していきます。

マツエクは種類によって見た目の印象・つけ心地も異なるので、専門店に行く前に少しでも知っておくと混乱しないで済みます。

結婚式にマツエクを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

目次

1.マツエクのデザイン
1-1.材質
1-2.カール
1-3.太さ
1-4.長さ
1-5.色
1-6.ストーンなどのキラキラ系も

2.マツエクの本数に対する相場
2-1.両目80本
2-2.両目100本
2-3.両目120本
2-4.両目130~200本
2-5.つけ放題メニューについて

3.まとめ

1.マツエクのデザイン

21db4c0f0e8a9cda5f17295e21c2872c_s

一言でマツエクと言っても様々な種類があります。ここではマツエクの毛の材質・カール・太さ・長さについて分かりやすく解説していきます。

 

1-1.材質

マツエクの中には大きく分けて

・シルク
・ミンク
・セーブル

の3種類の毛質があります。

ただしマツエク店に行くと、上記の名前の前に何かしら単語がくっついた名前もあります(リアルミンク、シルクセーブルなど)。

ですが細かいところまで追う必要はありません。リアルミンクであればミンクの特徴を、シルクセーブルであればセーブルの特徴が分かっていれば大体同じだからです。

なので大まかに3種類あると思って以下の解説を気楽な気持ちで読んでみてください。

 

◆シルク

シルクはマツエクの中でも

一番安い

です。

シルクはしっかりとした毛質で触ると固いです。

ツヤ感があるので、たくさんつけるといかにもつけています感が出やすい種類です。

マツエクのつけてます感が嫌、という方にはあまりおすすめできません。

ただししっかりとした毛質をしているのでカールが取れにくいというメリットがあります。

 

◆ミンク

次にお値段が安いのがミンクです。

シルクよりも

柔らかい

ので、自まつげに与えるダメージが少なく、シルクよりも自然なつけ心地になります。

シルクよりもツヤ感もないので、自然だけどよりゴージャス感を残したい人にうってつけです。

 

◆セーブル

3種類の中で

一番上質でお高い

のがセーブルです。

その分まつげに近いマツエクなので、絶対ナチュラルな印象に仕上げたい方におすすめです。

付け心地も軽いので、いかにもつけています感や、つけてる感じが嫌だという方にはぴったり。

私はセーブルのマツエクをつけましたが、

本当に軽くてつけているのを忘れる

ほど。

自まつげへのダメージも少ないので、まつげが痛んでいる方にもおすすめです。

 

1-2.カール

マツエクには細かくカールの種類が設定されていて、

・Jカール
・Cカール
・Dカール

という3種類の代表的なカールの種類があります。

自然な印象になるのは

C・Jカール

です。

ビューラーで自まつげを上げるとCカールぐらいまで上がるので、目元をパッチリさせるならCカールがいいです。

私は最初ナチュラルな感じにしたかったのでJカールにしようとしたのですが、カウンセリングで

「結婚式なら目元がパッチリしていた方がいいですよ」

と言われCカールに。

結果的に結婚式のときはいつもよりちゃんとメイクをしたので、その華やかなメイクとマツエクが調和していい感じになりました。

普段マツエクをしない人にとってCカールって

「めっちゃカールしてるやん!」

って思うと思うんですが、案外普段の日もマスカラしないでちょうどいいぐらいになるし、結婚式の日もばっちりメイクと合います。

ちなみにDカールまでいってしまうと、自まつ毛との接着面が少ないためもちは悪くなってしまいます

 

1-3.太さ

マツエクには

・0.10mm
・0.12mm
・0.15mm
・0.20mm
・0.25mm

の5種類の太さがあります。

細いものは軽いつけ心地で自然な印象になりやすいですが、細い分自まつげとの接着面が小さく、

取れやすい

というデメリットがあります。

太いものは存在感があるので、ゴージャス感がありますがたくさん付けすぎると

いかにもつけています感

が出てしまいます。

また太い分重量もあるので、細いもの同様取れやすいというデメリットも。

そのため一番扱いやすいのは

0.15mm

あたりです。

自然な印象を残しつつも存在感はあるので、印象的な目元を演出することができます。

 

1-4.長さ

マツエクは

・上まつ毛は9mm~15mm
・下まつげは6mm~8mm

の長さが用意されているのが一般的です。

日本人のまつげの平均的な長さは6.8mm。マツエクの長さは自まつげの1.2~1.5倍ぐらいだと自然な印象になります。

長すぎると不自然になり、なおかつもちも悪くなります。

まつげの長さは測りにくいので、カウンセリングでプロに見てもらって決めればいいでしょう。

 

1-5.色

69a6429eea0424efba52a4064465d6d5_s

最近はマツエクも黒だけでなく、茶色や赤、青や緑などカラフルなものが用意されています。

結婚式なのでワンポイントで赤を入れたり、お色直しのドレスに合わせたまつげエクステをポイントでいれるのもいいでしょう。

私はより自然な感じにしたかったので、黒と茶色のミックスでまつげエクステをつけました。

黒一色だけでマツエクをするよりもかなり自然な印象で、茶色にした髪色にも合っており、周りからの評判がとてもよかったです。

ちなみに茶色一色でつけるとかなりナチュラルになるので、少しゴージャス感を出したいという方は黒と茶色のミックス付けをおすすめします。

 

1-6.ストーンなどのキラキラ系も

結婚式は特別な日なので、ストーンなどのキラキラしたものをワンポイントでつけても可愛いです。

結婚式の2~3日前であれば、取れる心配もありませんし、目元がキラキラ輝いて素敵な目元になります。

マツエク専門店であればそのようなオプションメニューもあるので、気になる方はぜひカウンセリングの際に相談してみてください。

 

2.マツエクの本数に対する相場

437c5d06bf4b15314fb0d8e69f1c7b81_s

マツエクの本数によって目元の印象は大きく変わります。

ここではマツエク○本でどんな印象になるのか、本数に対しての相場などについてご紹介します。

そのお店独自の特別なマツエクなどを選ぶと相場を上回る場合があります。相場は大体の目安として考えてください。)

 

2-1.両目80本

matsueku80
出典:https://ailey.jp/
※写真はCカール

・向いている人:超ナチュラルな印象にしたい人向け
・相場:5000円前後

両目80本(片目40本ずつ)は、かなり自然なまつげにすることができます。

初めての方はこれぐらいが自然と言われる本数で、自まつげとの差があまり出ません。そのため

「せっかくマツエク付けに来ているのに、なんだか少ない」

と物足りなさを感じる本数とも言えます。

実際私もあまりマツエクを付けないので、80本ぐらいにしようと思ったのですが、実際付けてみると物足りなくて本数を増やしました。

絶対ナチュラルがいい!という人以外、結婚式であれば少し多めにつけておくことをおすすめします。

 

2-2.両目100本

matsueku100
出典:https://ailey.jp/
※写真はCカール

・向いている人:ナチュラル×少しゴージャス感出したい人向け
・相場:6000円前後

両目100本(片目50本ずつ)はナチュラルかつ、ゴージャスです。

自然に目の印象が強くなるので、すっぴんのときでも違和感がありません。

ほどよくボリュームもあるので、アイラインやマスカラをしなくてもきちんと化粧をしているかのような目元になります。

私は結婚式では両目100本を付けたのですが、80本よりもボリュームが出て、華やかなメイクにはとても合っていました。

また普段アイメイクをしなくても、アイシャドウを塗るだけで化粧をしている感が出せたので、すっごく楽でした。

 

2-3.両目120本

matsueku120
出典:https://ailey.jp/
※写真はCカール

・向いている人:少しゴージャス感出したい/一重や奥二重の人向け
・相場:7000円前後

両目120本(片目60本ずつ)は、100本よりはっきりとした目元を作ることはもちろんですが、マツエクが埋もれやすい一重や奥二重の方におすすめの本数です。

その理由は一重や奥二重の人は基本的に目幅や瞼との距離を考えて、長さ・太さ・カール・本数を標準より少し多めにしておくと、目元がパッチリするからです。

このあたりはプロの方に相談すれば、ちょうどいい長さのマツエクをつけてくれるでしょう。

 

2-4.両目130~200本

matsueku200
出典:https://ailey.jp/
※写真は200本・Cカール

・向いている人:ゴージャス感をより出したい人向け
・相場:8000円~

両目130本以上になると、結構ボリュームが出るので

・顔が濃い人
・派手なメイクが好きな人
・つけまつげのようなボリューム感が欲しい人

におすすめです。

もし本数を多く付けたいけど、ナチュラルな感じにしたいという方は黒のマツエクに茶色を混ぜるとかなり自然に目元の印象を強くすることができます。

ただし200本近く付けると、自まつげに負担がかかり取れやすくなるということも忘れないようにしましょう。

 

2-5.つけ放題メニューについて

マツエクのお店を探していると、

つけ放題

というメニューを見ることがあるかと思います。

つけ放題メニューは

・本数制限
・時間制限

を設けているところがほとんどで、マツエクの種類にも制限があることがあります。

そのため価格やつけ放題という言葉に踊らされずに、どのような条件でつけ放題なのか確認してからお店を予約するようにしましょう。

つけ放題は気楽でいいですが、100本程度であればつけ放題ではなくても、お手ごろ価格でいいお店はたくさんありますよ。

 

3.まとめ

ここまでの内容をまとめると、

  • マツエクは本数だけでなく選ぶ種類や太さ、長さによって印象が変わる
  • 結婚式でナチュラルな印象にしたいなら、100~120本程度がおすすめ
  • 結婚式でゴージャスな印象にしたいなら、120本以上がおすすめ
  • 200本などあまり付けすぎるとまつげの負担が大きく取れやすいことも
  • マツエクつけ放題は条件を確認してから予約を

マツエクはデザインによってナチュラルにもゴージャスにもすることができます。

ぜひ一度自分がどのようなメイクに仕上げたいのか考えてからマツエクを付けるようにしてみてください。

前回のこちらの記事も参考にしてみてくださいね。
参照:結婚式で失敗しないマツエク ~迷っているなら付けるべし~

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*