結婚式1.5次会を自己負担額0に収めた節約ノウハウ|豪華に見せつつコストカットする秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
bff7a6426b61c133a1495a0c00163829_s

こんにちは、管理人のあぐもなです。

結婚式とセットで催される2次会。

ですが最近では、

1.5次会

という形式も多くなってきています。

 

さてさて、この1.5次会ですが、負担額はだいたい30万ぐらいと言われています。

ですが、わたくしたち夫婦は

自己負担額0円

に収めることができました(ちょっと超えるかなと思ったけど、本当にトントンでした、ありがたや)。

 

そんなわけで1.5次会や、2次会を自己負担額0(なし)に限りなく近くしたいとお考えの方に、ゲストの満足度は獲得しつつ、どうやったら負担額0(なし)にすることができるのか、ご紹介します。

目次

1.事前準備が大事!最初にふたりで決めた3つのこと
1-1.ゲストに気軽に来てもらえる会費額にする
1-2.満足度を上げるために食事のグレードはキープ
1-3.アクセスがよく、居心地のいい会場にする

2.これだけで全然違う!1.5次会の節約ポイント
2-1.新郎新婦の衣装代
2-2.装花代
2-3.受付・幹事は友達にお願いする
2-4.ムービーはココナラでお願いする
2-5.低予算でできて盛り上がるゲームを考える
2-6.ゲストへのプチギフトについて趣向を凝らす

3.その他の1.5次会に関する疑問
3-1.ご祝儀はいただくものなのか
3-2.何もしないと間がもたないのではないか
3-3.親族は呼ぶべきなのか

4.まとめ

 

1.事前準備が大事!最初にふたりで決めた3つのこと

自己負担額0(なし)にするために、最初に決めたことは3つありました。

人によって大事にしたいコンセプトは異なると思いますが、参考にしてください。

 

1-2.ゲストに気軽に来てもらえる会費額にする

7ecfbf396fa3c99835b69c499fffe838_s

悩ましきなのは1.5次会の会費

高く設定したほうがいいのか、悩みどころだと思います。

ですが私達はわたしたちは会費は男女共に9000円にし、

ゲストに気軽に来ていただく

を1.5次会のコンセプトしました。

9000円の会費のうち、料理は6800円。1.5次会の相場としては安いほう)

私たち2人の考えとして、友人やお世話になった人からご祝儀をもらうのが心苦しかったんです。

 

でもどうやらこれがよかったようで、出席率はほぼ100%

実際ゲストに感想をいくつかもらったのですが、

「正直ご祝儀なしで会費もそんなに高くなくて助かった」

という声は案外多く、1.5次会だからってきっちり着席型で高い会費をとらなくてよかったなと思います。

 

実際1.5次会をすると考えたときに、もっとかっちりしたスタイル(着席してのコースを提供する)も考えました。

870b43b98029aba8f091214aa8fb00b5_s

1.5次会ってそういうものでしょ?と思って。

ですが調べてみると、着席型のコースにするとゲスト一人当たり軽く15000円~20000円ぐらいかかってしまい、せっかくの気軽に来てもらうコンセプトが台無しになってしまうため、やめました。

人によっては着席方のかっちりした1.5次会をされるかと思いますが、自己負担額を少なくしたいのであれば、元でかかるお金(食事代)はゲストから会費として頂くことをおすすめします。

 

 

1-2.満足度を上げるために食事のグレードはキープ

ゲストに気軽に来ていただくことをコンセプトにしていたものの、1.5次会は

食事のグレード・品数の多さがとっても大事

です。

5e1db7c73cbf0dca6b0d004ed254f259_s

なぜなら

1.5次会に参加してくれるゲストの方は

はらぺこさんでやってくるからです。笑

そりゃそうですよね。

普通の結婚式の2次会であれば披露宴でおなかが満たされていますが、1.5次会であれば何かあるわけではないので、食べてこないで来るのは当然のこと。

そのためゲストに楽しんでもらう・満足してもらうためにクオリティが高く、品数も充分にあることが大事でした。

ちなみに私たちの場合は、パーティー会場はしっかりした料理を出せるところにし、品数も多め、3つグレードがあるうちの「」のグレードにしてもらいました。

※ただし席は用意されているが、立食でのビッフェ。

 

1-3.アクセスがよく、居心地のいい会場にする

99d124571aa60680e0074dd278d89b33_s

また気軽に来ていただくコンセプトをたてていたので、自分の理想の会場でありつつも、アクセスのよさも大切でした。

なぜならはるばる九州から、岐阜から、長野から東京来てくれる人たちがいたからです。

そのため遠方からもアクセスがいい東京駅近辺で、駅から直結の場所をチョイスしました。

 

2.これだけで全然違う!1.5次会の節約ポイント

1.5次会でお金がかかるところを抑えてしまえば自己負担額を0円(なし)にすることはさほど難しいことではありません。

そのポイントをお伝えします。

 

2-1.新郎新婦の衣装代

da3bd131ead5a9d2deb75df86ac8255d_s

まず1.5次会をする人は、2次会の人とは違って自分達で自分達の衣装を調達する必要があります。

そして衣装代が1.5次会コストの大きなウエイトを占めます

なので自己負担額0(なし)に近づけるためには、ここを上手に節約することがポイント。

 

ウェディングドレスや新郎の衣装は安いものであれば2万円前後からありますが、私達の場合、

・新郎→スーツ(ポールスミスのスーツなのでそれなり)
・新婦→アイボリー色のカラードレス(持ってた)

というスペックだったため、ここは大幅に節約(というかコスト0)できました。

 

新婦がカラードレス持ってるとかどこかのお嬢様!?と思われがちですが、むかし声楽をやっていたのでそれで持っていました。

声楽っていうと、さらに音大!?とか思われるんですけど、全然違いますので、まったくお金持ちではないことはいっておきます笑

 

私達のケースは特殊かもしれませんが、ドレスのレンタルは結構安いところが多いので、そこを利用するのも一つの手です。

またタキシードとドレスににこだわらないでやるのもいいかと思います。

例えば新新郎新婦のテーマカラーを赤にして、そのほかの人は白にしてもらう、など。

工夫すればだいぶ節約できるので、一度タキシードとドレスという固定観念を捨てて考えてみてください。

 

2-2.装花代

d1bad63977c361cdfed027f5d46cd8d8_s

結婚式を挙げた方なら分かると思いますが、結婚式でこちらも大きなウエイトを占めるのが装花代です。

特に一番お金がかかるのが、メインテーブル。

結婚式のメインテーブルの装花代は、平均して4万~10万円ほどします。

1.5次会はそこまでいかなくても、ある程度装飾は必要です。)

ですが、ここにお金をかけるぐらいならゲストに還元したいと思っていたので、装花代も大幅にカット。

お花は花瓶に入れたお花を4つメインテーブルにならべ、イニシャルウッドや、ちょっと可愛らしい動物の置物を置いたりしました。

ce1205f55393ea95a19b25b48aee5a9c_s

お花は会場近くに花屋があったのでそこにお願いしたのですが、希望の色を伝えてお花の種類をお任せにすればかなり安くやってもらえます

私達はここで、最低でも5万円はかかるであろう装花代を2万円弱にし、自己負担額を大幅に減らしました。

※ちなみにブーケはお高いし、ブーケトスする場所もないからブーケは注文していません。

 

2-3.受付・幹事は友達にお願いする

82de1c347d8a8af8912f620e27e5cfa4_s

1.5次会の受付・幹事はできれば友人に頼みましょう。

幹事を探すのが大変かもしれませんが、私たちの場合は1.5次会。

すべての事務処理を新郎新婦がやり、当日の進行だけお願いします、ということで、幹事の人の負担を減らしました

やっぱり幹事さんも日頃お世話になっている人なので、出来れば楽しんでもらいたいと思いましてね。

 

実際出欠席を自分達で取るのは大変でしたが、もう最初から全てやるつもりだったし、最近は便利なWeb招待状もあったりしたので、さほど負担には感じませんでした。

幹事は外注でもお願いすることができますが、外注って結構高いんです。

おそらく外注すると自己負担額0(なし)にするには、ゲストの方に負担してもらうことになってしまいます。

なので幹事さんはお友達にお願いすることをおすすめします。

 

2-4.ムービーはココナラでお願いする

271845b801882924a5f59f5a2cfc2738_s

1.5次会で用意しようか迷ったのがプロフィールムービー。

「新郎新婦の生い立ちなんてみんな興味ある!?いらなくない?」

と思ったのですが、ゲストの意見を聞くと

「新郎(新婦)がどんな人か知らないの5分程度のムービーで知れるのは便利」

という意見が多かったので作ることに。

だがしかしムービーって難しい・・・!

かといって負担の大きいムービー製作を友達に頼むのは気が重い。

 

というわけで安くできるところはないかと探して見つけたのが「ココナラ」というサイト。

ココナラは知識・スキルを500円から売り買いできるオンラインマーケット。

最初はよく分からなかったのですが、素人の方からプロアマチュアっぽい人まで在籍していて、様々なことを請け負ってくれるんです。

私はこのサイトでプロフィールムービーの製作依頼をしましたが、なんとかかった総額2,290円

安い。かつクオリティもなかなかいける。

このココナラというサイトについては今度別記事にてご紹介させていただきます。

 

2-4.低予算でできて盛り上がるゲームを考える

612cdced266fab69395b77310e5430ef_s

実は最初のコンセプトとして

「ゲームとか余興はやらない。みんなとの会話を楽しむ」

と決めていたのですが、それではあまりにゲストが暇なのではないかと不安になり、ひとつだけみんなで出来るゲームを取り入れることにしました。

 

ですがそうなると、景品にお金がかかってしまうことは確か。

最初は景品を用意しようと思ったのですが、

「本当にゲストはゲームで景品を求めているのだろうか」

と考えたときに「」となったため、予算で余っている現金3万円でできるゲームを考え、結局新郎新婦とじゃんけんして、最後に残った人が3万円総取りするゲームにしました。

a4116253336d19d9219cef99a1b91b4e_s

3万円を分散させるのも考えたのですが、参加者全員の中から一人残った人が総取りする姿を見てみたいという好奇心からこのゲームに笑。

結果みんなにゲームを楽しんでもらえたかというと、どうなんだろう?という疑問は残りますが、じゃんけんで勝ち続けた人が総取りというのは分かりやすく、スムーズにゲームを進行することができました

 

2-5.ゲストへのプチギフトについて趣向を凝らす

ff465fa77126cd923e064c45a9688f54_s

ゲストへのプチギフト。

1.5次会なので引き出物は不要とされていますが、やっぱり何か気持ちでもいいから渡したい

でもなんか原材料どうでもよさそうなクッキーは嫌だ、と思い、低価格でおいしくて、ちょっとオシャレなプチギフトを探しまくりました。

そこで候補にあがったのが、グラノーラ。

 

ちょうど自分が住んでいた近所にオシャレなグラノーラ屋さんがあり、ひとりあたり350円前後で作れるということだったのでお願いすることに。

まさか350円とは思えない見た目に仕上がり、ゲストから

「おしゃれー!」

と言われ、大満足といったところです。

 

1.5次会の会場ではプチギフトを選べるパンフレットなどを提供してもらえることがあり、とても安くて見た目も可愛らしいものが多いことは確かです。

ですが実際自分で探してみるとかなり低価格でプチギフトの対応をしてくれるところは多いです(ただし大体公式サイトには明記しておらず、問い合わせして分かることが多い)。

なのでこだわりたい人は一度お気に入りのお店に聞いてみたり、探してみるといいでしょう。

 

3.その他の1.5次会に関する疑問

1.5次会でよくある疑問をまとめました。

 

3-1.ご祝儀はいただくものなのか

6794123e97aed4ff9a00a5ca94284ff0_s

1.5次会では基本ご祝儀はいただきません

ですが中にはやはりご祝儀を用意してくれていた友人がいました。

ご祝儀のお金は今回の予算とは別として考えています。ご祝儀のおかげで自己負担額0(なし)になったわけではありません)

なので、ご祝儀を頂いた場合は普通の結婚式同様、半額程度のお返しをしましょう。

1.5次会といえどマナーなのでお返しは必須です。

 

3-2.何もしないと間がもたないのではないか

0683b35388e1d1941224a677a41b35ce_s

わたしたちは1.5次会で敢えてあまり何もしない、久しぶりに出会ったみんなと会話を楽しみたいという意向があり、友人に余興をやってもらいませんでした

おかげで私はせっかく招待した友人達とひとりひとり時間を取って喋ることができ、非常に満足しています(みんながどう思っているか、本当のところは分かりませんがね)。

人によっては

「せっかくのパーティなんだからなんかやってくれ!」

と物足りなさを感じたかもしれませんが、類友の法則、みんなわたしたちの意向を理解してくれたと思っています。

 

結構何もしない結婚式パーティに自信を持てない人が多いようですが、最近では型にはまらない結婚式パーティは増えてきています。

ゲストに楽しんでもらうことも大事ですが、自分達が主催するパーティーです。

自分達があえて何もしたくない、という意見を尊重することも大事かと思います。

 

3-3.親族は呼ぶべきなのか

b965cfb6415ff6a5190c61baf9204da8_s

親族は海外の挙式で、自分たちの結婚式に呼べなかった場合呼ぶといいでしょう。

ただしもし身内のみで結婚式を挙げている場合、親族を呼ぶ必要はありません

実際私も親族全員を招いて身内のみで結婚式を挙げていたので、パーティへは招待しませんでした。

 

4.まとめ

自己負担額0(なし)にするためには結構いろんなところをコストカットしなければなりません。

「ケチだと思われてしまう!?」

と心配になるところですが、最初に自分たちで決めたコンセプトと、ゲストをお招きする気持ちを大事にすれば大丈夫。

どーんと派手なパーティも素敵ですが、コスト管理はこれから家計を守るであろう女性に必須のスキルです。

最初の登竜門だと思って、1.5次会の自己負担額0(なし)を目指してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*